読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジの光源

そのへんのOL備忘録

4000日好きであるということ



今日(2017/05/17)は、私にとってひとつの節目です。




2006年6月5日、週刊少年ジャンプ
ミュージカル・テニスの王子様に出演する青春学園のキャラクターの
三代目キャストがお披露目されました。
そこに掲載されていた、一番贔屓のキャラクターの格好をした贔屓を見て、
「ああこの人を好きになるのかもしれない」と思ってから、もう10年と348日?
もう長い長い年月が経ちました。



その間飽きることもなく、ニ推しに降格することもなく、
ただ彼が好きで、彼を追いかけ続けました。
りあこ・ガチ恋と言われるものも追い始めて少ししてからなりましたが、
それ以上に「演技をする彼」が好きだったこと、あと諸々の事情もありりあこをやめました。


彼が留学すると決めた時、彼が日本にいないなら私も日本にいる意味がなくない?と私も留学をしました。
留学先で出会いたくなかったので、絶対に会わないルートであった世界一周をしました。


大学を卒業して就職をするとなったとき、彼をより応援したいから、すぐ現場に行きたいからと
ひとり関西から関東へ引っ越しました。
(ちなみにこれはストーカーじみていると感じたので本人には伝えていなかったのですが、先日のSakura da Festa2017(個人イベント)の名古屋公演マチネにて「自分が(来ているファンにとって)一番であるということが信じられない」と仰っていたので墓まで持っていこうと思っていたこの件を僭越ながらお伝えしてしまいました…いやでも一番であってなおかつ人生を動かしたオタクがいることを知ってほしかった……エゴですけども)



最近であれば、彼の個人イベントも、地方イベントも、舞台も、写真集イベントも、カレンダーイベントも、抽選のスカイツリーイベントも、挙げたらきりがないほど通いました。
2015年の舞台ではお花を出させて頂いたり、
最前線ではないですが陰ながら応援させていただいています。


彼の良いところを挙げればきりがないですが、
2つだけ挙げるとすれば
「ファンとの約束を守ること」
「ファンのことをよく見ていること」だと思います。


ファンとの約束を守ること、言い換えれば「人との約束を守ること」にもなりますが、それでも彼は芸能人。
たとえば留学のときも「(ファンの前に)必ず戻ってきます」と言っても、帰ってきてお仕事がある保証はない業界。
それが帰ってきてもより多くのお仕事をしていて…むしろ行くまでよりも多くて。
もちろん事務所の力もあるだろうけれど、彼自身も「必ず戻ってきます」と言ったから、と帰国後初めてのイベントで仰っていました。



ファンのことをよく見ていること、これは先日スカイツリーで行われたイベントでとても感じました。
こちらのイベントでは、端的に言うと「スカイツリーでの理想のデートプランと恋愛観」を聞くという
過去りあこだった私が聞くと卒倒しそうなテーマでした。

参加しているファンは23歳ぐらい以降。
協賛と抽選の方法の一つにクレジットカード会社が入っていたのもあり、
普段の個人イベントよりは少し高めの年齢層でした。

このイベントで彼が恋愛観を話すと、ファンからは「きゃー!」といった黄色い声ではなく、クスクスと笑い声が起きたんです。それも、何度も。
それに気がついた司会の方が、「ファンの方は(笑っているけれど)きっとときめいていますよ」、と仰いました。
そうしたら彼は、「いや、(今日来てるファンは)こういうので騒がない人たちなんですよ。無視してもらっていいですよ」と、ファンのことをじとりと見たんです。
その姿を見て、あーこの人ちゃんと見て分かってるんだなあと思いました。そうです個人イベントより平均年齢が高いんですよね。騒ぎません。

なお若い同担が怖いので若い子の反応は知りません。
個人イベントでよくそんな高い声が出るなあと思っているぐらいです。



ブログを読むたびに、(暴れている)個人Twitterを見るたびに、
惚れた弱みなのか「この人好きだなあ」と再確認しています。

個人的には踊る彼が一番に好きなので、また踊ってくれる現場がないかなと思いつつ、
なるべく長くハンサム(事務所イベント)に出てほしいと思いながら。



いつかのイベントで、彼が私に言いました。
「これからも自分らしく頑張るので、よかったらついてきてください」と。
彼が彼らしく、楽しみながら頑張る姿を、4001日目以降もいつまでもいつまでも見守っていきたいです。




RealDreamに触れた

 

2017年5月4日 ZeppDiverCity Tokyo

DearDream 1stLive "RealDream"

 

もうたくさんの方が感想を書いているし、

この記事も何番煎じといったところなのですが。

 

それでも書かずにいられない熱量が、彼らにはありました。

 

 

ぶっちゃけて言うと

ほんtttttttttttttttttttttttttttttttっとに!!!!!!!たのしかった!!!!!!!です!!!!!!!!!!!!

正直なところ、これで解散とか言われたらどうしようとか(長いコンテンツではないと思っているので/前記事参照)冒頭からとんでもなく泣いちゃったらどうしようとかまあいろいろ思っていたんですが、終わった後は爽快感と「来てよかった、応援していてよかった!!!」と笑顔でいられました。ありがとうDearDream…ありがとうKUROFUNE…

 

 

さて。

ライブ中の個々の曲の記憶がすっ飛んでいるのでひとりひとりの感想をまとめますね。

(推しが極端な場所にしかいなかったので文章量の差は察してください)

 

最高とか言いすぎている節があります 語彙力のないオタクなのですみません 

 

 

 

 

☆いしはらそうまくん

わたしが彼を称するとき、「おれたちのセンター様」と言ってしまうのですが

最年少で、ある意味で誰よりも安定感があって、でもすぐにふざけるかわいいセンター様。

挨拶のときに言った「泣きませんよ?」が離れません。

オタクをたしなめるように、でも気持ちを伝えようと言葉を紡ぐそうまくんに、世界で一番きれいな景色を見せてあげたいと強く感じました。

というか、「武道館行こう」ってオタクだけが言い続けていると思っていたんです、失礼な話ですが

だから彼がこれなら行けると思ったことがなによりも嬉しいし、改めてわたしたちの夢になったんだなあと感じました

 

 

☆みぞぐちたくやくん

以前もこのブログで言いましたが、わたしのこのPJの入り口は彼でした。

でも私にとってのそのときの彼の記憶って小太郎くん(電王)で止まっていて。

DearDreamとして活動する彼を見るたび、その記憶がどんどん更新されていくのが楽しくてたまりません。

FYSでおしゃくそとして(!)楽しそうにレクチャーする姿、 美しく振り踊る姿、最高でした。あと作画が崩れないね…すごいね……

 

 

☆とみたけんたろうくん

スペシャルエーーーーーーーーールが最高でした!!!普段とのギャップが半端なくて 

最高にかっこいいかわいい最高…あときみとくんとの絡みもかわいくて、、なんなんだろうとみたくん 金属アレルギー芸人最高でしたね 

ふざけているように見せて影の努力が大きく、またそれをメンバーにバラされてしまう彼とメンバーの関係性が大好きです。

 

 

☆まさきかおるくん

圧倒的シンメありがとう

正直この1年ちょっとの彼の苦労なんて私が計り知れるものではないだろうけど、本当に本当にすごいなといつみても思います。

オタクを大事にしてくれるDDのなかでも際立ってファンサが目立つかおるくん 

優しすぎてオタクのなかでときどき心配の声が上がっていたりもするけれど、それが彼の「理想のアイドル像」なのかなと最近思い始めました。

アイドルのまさきかおるくん、大好きです。

 

 

☆とたにきみとさん

ずっとずっとずーーーーーっとハンサムで見てきた彼に、まさか今になって改めて魅了されるとは思いませんでした。

ダンスがうまい人が揃うアミューズのなかで、下手扱いされてきたのに去年のハンサムも1stも十分すぎるぐらいうまくなっていて 

ていうか白い衣装やばくないですか?プリンスすぎた 

彼の首筋を安売りしていく姿勢が大好きです もっとください。

プリンセスが望むなら何回でも襲来しますよ 最高です

 

 

☆かぶもとひであきさん

ハンサムでも02でも基本的にはキリッとしていて始終「かっこいい」だったのに、今回はずっと破顔していて 

あ~たのしいんだなあっておもいました…私も超楽しかった…

FYSの良い声とか新曲の煽ってる姿とかもたのしそうで かと思ったらふざけてハケようとしてかおるくんやおおたさんに引き戻されていたり 

そういうところがギャップなんだなあかわいいなあと 船のオンナではないんですが、ガチ追いさんの気持ちがわかるなあっておもいました

 

 

☆おおたまさきくん

自担です。

1柵?2柵?ステージからみて1つ目の柵の最前のおおたさん0番にいたんですが、おおたさんは本当に客席を隅から隅まで見るなあという印象でした 知ってました

おおたさん本当に本当にかっこよくないですか?????好きです 知ってますよね

ニュースターのソロ振り、WMの背中合わせ、ホワペのコーラスとスタンドマイク、踊ったらスゴいダンスメドレー、、、円盤出してくれないと記憶喪失なのでこまります 出てきた瞬間とニュースター終わった後の髪型が一瞬でかわっててかわいかったです。ライオンかな

お色直し後のシャツが、激しい振りをするときれいになびいていたり しっとりした曲で瞳を閉じて歌っていたり 美しかったです

あと本当に本当に記憶がなくて(曲すら覚えてなかったんですが)瞳のソロダンスのところでかっこよすぎて体の力が抜けました。座り込みました。連れに助けてもらった

 

 

 

 

そうまくんが言っていた泣いても笑っても1stは一回きりって本当にそれで

追加もない、やり直しもない、だからこそこの日この時間にここにいられてよかったです。

 

 

今回のライブ、私がこの1年ちょっとの間に

ドリフェス!をよろしくお願いします」「DearDreamをよろしくお願いします」と言い続けたことがきっかけでハマってくれた子たちがいっぱい来てくれました。

その子たちが「ライブ本当に楽しかった!」って笑顔で言ってくれて、

自担にこれ以上泣き顔見られたくないからってライブ中堪えていた涙が出そうになりました。泣いてないけど。

本当に本当に好きになってくれて、一緒に応援してくれて、させてくれてありがとう。

 

ちなみにこちらはそんな友人のうちの一人からの公開ラブレターです 自慢させて

 

nanana38.hatenablog.jp

 

 

そんなこんなで次はおれサマ、そしてファンミですね!

もっともっと大きくなるドリフェス!、DearDream、そしてKUROFUNEが楽しみで

す。

 

 

 

 

あと私事なのですがわたしのまわりのひとがみんなやさしくて、あそこのまさきくんかっこよかったねとかいっぱい言ってくれたんですが、当の私は先述術通り記憶が飛んでいるので「そうでしょ~~~~へへ」としか言えなくてすみません。

DearDreamとわたしのはなし



これはわたしの昔話です。

出会ったことを残しておきたいだけの備忘録です。



 




ドリフェス!をご存知でしょうか。

 

http://www.dream-fes.com/

 

「応援(エール)はドリカが示すもの!」というキャッチフレーズの、2.5次元アイドル応援プロジェクトです。

 

ちなみにアニメは、どこかで聞いたような

「行こう!応援(エール)で叶えるミラクルステージ!ドリフェス!はじまります!」

という主人公・天宮奏(あまみやかなで)のタイトルコールで始まります。フフッヒ

 

 

主人公の天宮奏を中心に、佐々木純哉・及川慎・片桐いつき・沢村千弦の5人のユニット,DearDream

彼らのライバルである風間圭吾・黒石勇人のユニットKUROFUNE

アニメでは彼らの結成までを、

アプリでは結成後のテレビ番組等での姿をみることが出来ます。

 

 

彼らを演じるのは芸能事務所アミューズ所属の若手俳優達。

彼らの強みは、キャラクターが彼らそのものであるということです。

 

アニメやゲームで声を演じることはもちろん、イベントのサイン会や筐体から稀に出てくるドリカにはキャラクターのサインを描いたりしています。

 

何よりすごいのが、アニメのライブシーンのモーションアクターも彼ら自身が行うことがあるということ (全てではないですが)。

細かな癖や、曲中のスキンシップもアニメに反映されています。

そうして彼らはどんどん2次元となり、DearDreamやKUROFUNEは3次元に近付いています。

 

個人的に好きなのは、彼らの自己紹介。

普通のアニメ声優さんだと、

「○○役の○○です」、となるはず。

しかし彼らは、

「○○こと○○です」、と自己紹介するのです。

つまり彼らとキャラクターは同等であり、彼ら自身であるのです。

 

 

 




本題の昔話をします。


1年前の2016年2月、わたしは一推しのグッズを見るためにアスマート(芸能事務所アミューズの通販サイト)を覗いていました。


アスマートのトップページにはバナーやサジェスト語句がよく並んでいるのですが、

そのなかにDearDreamの1stシングル「NEW STAR EVOLUTION」がありました。

5人いる中で当時唯一分かった溝口くんへのお布施感覚で(一推しと過去に共演していたのもあって)、

なんとはなしに一推しのグッズとともに発注したCD。


まさかそれが私の一年を鮮やかに彩るものになるとは思いませんでした。



もともとアイカツ!が好きで、アイカツ!筐体が好きで、アイカツ!を愛してくれるスタッフさんが好きでした。

その「アイカツスタッフさんが参加する」「大人の女性向けカードゲーム」「恋愛物ではないアイドルゲーム」「中の人がアミューズ」、プレスリリースに出たドリフェス!を形作るそれらに、嫌いなものは何もありませんでした。


アニメイトやゲームセンターで回して出すきらきらしたドリカ、それを読み込んでアプリで使用できるお洋服。その服を着て踊るアイドル。

iPhoneでは早々にドリカを読み込めなくなりましたが、そのシステムが大好きでした。


ドリカをまわしてコードを集め、応募したファンミーティング01。

それまでずっと一推し(とアミューズ/もはや箱推しです)を追っていた私に、久しぶりのキラキラの暴力でした。

というのも、ハンサムライブ(アミューズの若手俳優が集まって年末に行うお祭りライブ)のキラキラ感とはまた違ったんです。


私の一推しは、アミューズ所属で年齢が私の一つ上の男性です。

彼を追い始めてもう二桁を突破し、マンネリは無いとはいえ刺激が欲しいと思わないかと言われたら嘘になる。そんな中現れた彼ら(と彼らのパフォーマンス)に、一気に心を揺さぶられました。


必死にいまを生きて、ドリフェス!というコンテンツをこれでもかと伝えてくる。

そんな中センターの石原くんが呟いた、「いつか隣(武道館)でライブをしたい」と言った姿も言葉も声色も、頭の端にこびりついて離れません。

そのときから私の夢は、彼らと武道館に一緒に行くことになりました。骨埋めたい。



噴水広場のリリースイベント。AGF。部屋イベント。行かなくて後悔したANIMAX、仕事の為涙を飲んだリスウフ。


個人的に本現場のハンサムライブは全通しました。

座席が当日会場で分かるシステムで、奇跡的に取れた最前の席から見たDearDreamとKUROFUNEは、まばゆいぐらいに輝いていて。

ディアドリの推しくんは私がどこにいても必ず見つけてくれて、メンバーはいろんなところに散らばるそれぞれのファンをきちんと見ていて。

全5公演、彼らは全ての公演で最高のパフォーマンスを魅せてくれ、またとてつもないほどの成長をこれでもかと見せつけてくれました。

 


その成長は年が明けた1月頭のファンミーティング02でも存分に発揮してくれました。

会場の端から端まで目を配り、パフォーマンスにもファンサービスにも手を抜かない。

一人残らず幸せにしてやる!とでも言わんばかりの気概を感じました。




私が彼らに出会って一年が過ぎました。

彼らの初めてのCDを手にして、そろそろ一年が経ちます。


私の手元には、彼らの初めてのアルバムがあります。

私の拙い語彙力では表しきれないような、本当に素敵なアルバムです。

都内中心に9箇所の駅で広告も展開されました。

全ての広告をまわり、そのうちのひとつは通勤路にありました。

平日の5日間は毎日、広告を見て仕事への活力をもらいました。

広告は、OLさんや女子高生、サラリーマン、見てくれる人がとっても多くて。

ときには彼らと同じぐらいの男の子が立ち止まって広告を見ていることもありました。

そんな光景を見るたびに、胸が熱くなって。すごくすごく嬉しかったです。






今回のハンサムで、一推しが言いました。

「気になる若い子がいたら応援してあげてほしい」と。



わたしは彼らではないので、若い彼らが将来的に何になりたいのか、どこを目指すのか、「DearDreamとして」どうなりたいのか、全くわかりません。

それでも、彼らが永遠に活動してくれないことは分かります。

いつDearDreamとしての終わりを告げられてもいいように、その時まで隣で応援させてほしいと思います。



5月のワンマンライブの打ち合わせが今日あったようです。

生きる糧がまた増えました。